【初心者必見!】初心者のためのビットコイン基礎の基

こんにちは、あきけいです。

主婦Aさん
主婦Aさん

仮想通貨ってよくわからないし、何だか怖い

多くの方が、そんなイメージを待ってるのではないでしょうか?
私もそう思ってました。

そもそも、なぜそんなイメージを待ってるの?

以下の原因がほとんどではないでしょうか?

  • 過去にハッキング事件があった
  • リスクが高そう
  • 無知

 

今回は、無知の部分を解決すべく
仮想通貨、その中でも1番歴史があって、有名な

 

     ビットコイン

について調べてみました。

結論からいうと、ビットコインに投資ありだな、と感じました。

ビットコインと日本円の主な違いをまとめてみました

 ビットコイン現金
実物なしあり(紙幣や硬貨)
管理なし国(日本銀行etc)
発行上限2100万枚なし
使用できる場所世界中日本
価値の保証なし(評価額が変動する)
1円≠1円
あり(評価額の変動なし)
1円=1円
ビットコインと日本円の違い

 

管理者が国ではない🟰価値が保証されていない、という事です。

例えば暗号資産は日によって1000円が980円の価値であったり、
1500円の価値であったりするのです。

つまり、1000円が1000円の価値がある、
と保証されていないのです。

暗号資産ははブロックチェーンという技術を使って管理されています。
もちろん、ビットコインも同じ

ネットワーク内で起こった取引データを
ブロックと呼ばれる単位で管理。
そのブロックを鎖のようにつなげて
保管する技術の事です。

例えば、ブランコの鎖。
輪っかが繋がってブランコの鎖は
できてますよね。
1つの輪っかがブロック。

鎖が何本もつながっている状態がブロックチェーン
という感じです。

ビットコインのブロックチェーンは様々な技術で
守られています。

データが第三者にわからない形式に変換したり、
新しいブロックを追加のために
難しい計算作業を素早く解く必要がある、
などです。

現在まで、ビットコインのブロックチェーンは
ハッキングされていません。
が、ハッキングリスクが今後もゼロではないと
言う事は覚えておきましょう。

ビットコインは大幅に価格が上昇しています。
2024年3月には史上最高値だった2021年の価格と
ほぼ並びました。今後も価格は上昇していくと
考えられています。

2024年1月にビットコイン現物ETFの取引が承認されました。

あきけい
あきけい

ETFとは証券取引所に上場している投資信託のことです。

つまり、株と同じで証券取引所で売買ができるように🙆‍♀️
今までのように販売所や取引所で購入する必要がなくなり、
手数料が安く、

そのうえ、

証券会社が倒産しても投資家の資産が守られようにもなりました。

それは、証券取引委員会の監督下にある証券会社の口座を
通して扱われるようになるからです。

あきけい
あきけい

資産が守られる事で投資するリスクは下がりますね

ビットコインの発行上限枚数が決まっています。
その理由は2つ

ビットコインには管理している機関がありません。
(日本では、中央銀行が金融緩和や金融引き締めなどで
日本円が出回る数量を調整していますね)。

そのため、市場に出回る数量の調整をする必要がないように
初めから上限枚数を決めてるのです。

   発行枚数の上限を決める
⬇︎
市場に出回る通貨量は増えない
       ⬇︎
需要>供給
       ⬇︎
    希少性が保たれる
       ⬇︎
ビットコインの価格上昇


ビットコインの発行枚数は
2140年には、上限に到達すると言われています。

2033年には99%分まで供給され、残りの1%分は
100年かけて少しづつ発行される予定です。

投資をするかしないかを決める時の情報として、必要かな?と
思う情報を集めてみました。

少しは仮想通貨に対してのイメージが変わりましたか?

私は、今回調べた事によって、仮想通貨、その中でも
ビットコインに投資を始めました。
私の場合はポイ活したポイントで、少額投資ですが…

運用歴3ヶ月足らずで今は394円に‼️
です。31.3%プラスです。

Screenshot

現金で積立投資したいので、口座開設申請しました。

運用実績については、また投稿していく予定です。

ポイ活についての記事は
    ⬇︎⬇︎⬇︎

現金ゼロで投資を始める方法

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました